わきがの臭いを消す方法について分かりやすいように書いてみようと思い立ったのがつい先日。
元々サイトを作ったりという仕事をしているので、簡単なサイトならばすぐに作ることができますし、私自身そういったことが嫌いではないので今回サイトを新たに立ち上げてわきがについて書いてみようと思ったのです。

 

なぜわきがについてなのかということですが、これについてはしっかりした理由があります。
それは私自身がわきがだからに他なりません。

 

今まで本当に自分の臭いのことでは苦労していて、同じように苦労している人の力になりたい!という思いがすごくあります。

 

どのくらい大変か、精神的に追い詰められるかは私も良くわかります。
なので、このサイトではそういった人を少しでも手助けできればと思っています。

 

わたしのわきがの状況をまずはかきますね。
私は中がkす栄位のころから自分の臭いを自覚していました。

 

なんか臭いような気がする、という程度でしたが明らかに普通の汗の臭いとは違い臭いが脇から発生していることに気が付いたのです。

 

大体小学生から中学生にかけてわきがの原因となるアポクリン腺が発達してきて臭いを発生させることが多いようなので、私の場合中学生でおそらく発達してきたのでしょう。

 

その後、臭いを気にしながらずっと生活してきて、中学高校の時には周りに陰口をたたかれていたこともあります。

 

私には聞こえなようにいう人もいれば、いることがわかっていていう人もいて、本当に当時は辛い思いをしてきたのですが、自分ではどうすることもできなかったので耐えるしかありませんでした。

 

大学では人と距離を置いて過ごすようになりました。
また中学、高校の時のような思いは嫌だったので、できるだけ距離を置いて臭いの発生源が自分だと分からないようにと考えたのです。

 

そのおかげであまり陰口なども無くなったように感じました。
私の知らないところで何か言われていたかもしれませんけどね。

 

社会人になってもこの苦労から解放されることはありませんでした。
でもある程度金銭的に余裕も出てきたし、自分でしたいこともできるような年齢になってきたので、この頃から治療などをしようかと考えるようになったのです。

 

病院で手術をしようと最初は考えていたのですが、実際にした人の体験談などをみて躊躇してしまいました。
治らないことや再発が非常に多いんですよね。

 

そこで色々調べた結果ある治療法を実践したのですが、その結果見事にわきが臭は消えてくれたのです。
長年悩まされたわきがから解放された瞬間でした。

 

本当にホッとしたというか、治ってからはイキイキと生活することができて、人と接するのも怖くなくなりましたので、治した本当に良かったと今でも思っています。

 

もし自分がわきがだと自覚があって悩んでいる人は、一刻も早く治してしまうことをお勧めします。


このページの先頭へ戻る